NEWS

鶴田法男監督の中国映画『网络凶铃(網絡凶鈴)』12月6日(金)本国公開(予定)!

待たせしました!!
私の中国映画『网络凶铃(網絡凶鈴)』が12月6日中国公開(予定)と発表されました。

中国の皆さんがタイトルを発音すると「ワングーシャンリン」と私の耳には聞こえますが、意味としては「ネットワークのリング」です。

映画『リング』の中国題名が『午夜凶鈴』なので、それに引っかけたタイトルです。

約10年前に中国国内でベストセラーとなったスリラーホラー小説「她死在QQ上」(彼女、QQで死す)の実写映画化です。当初は『QQ上的訪客』のタイトルで製作に着手しましたが、諸事情で『リング』の二番煎じ的タイトルになってしまったのがちょっと残念です。

でも、私は「Jホラーの父」ですから、堂々と「貞子」っぽい存在をガンガンに描いたのも事実。
「Jホラーの歴史」や、「鶴田法男の実績」を知らない人は『リング』の「真似」とか、「二番煎じ」と批判するかも知れませんが覚悟の上です。

それに、それ以上の新しい映像表現、恐怖表現、映像芸術表現にも取り組みました。
原作には無い、私の映画作家としての野心でしかなかったのに、それを許してくれた原作小説の作家、馬氏、そして、成功するかどうか分からない私の挑戦にこころよくお金を出してくれた盛プロデューサー他の中国の皆さんにとても感謝しております。

まず中国で公開されないことには日本に輸入することが出来ません。
日本の皆さんには、『网络凶铃』が12月6日に滞りなく中国公開され、それが成功をおさめるように温かく見守っていただけると幸いです。

※下記に中国サイトのURLを記しますが、閲覧不可能な方のためにスクショや場面写真、原作本の表紙を挙げておきます。
http://www.sohu.com/a/348923858_745022
『网络凶铃』12月6日公開スクショ 网络凶铃、ポスター19-10-23 网络凶铃、場面写真3 网络凶铃、場面写真2 网络凶铃、場面写真1 网络凶铃、原作本