negoto

中国や韓国では製作費10~20億円の映画は当たり前。製作費20億円で東映社長の手は震えて欲しくない。

東映70周年記念映画、大期待です。
ですが、こんなことを書いたら東映さんに嫌われそうですが、日本のメジャー映画会社の社長が製作費20億円の稟議を通すのに手が震えて欲しくないと思ってしまいました。
私が映画を作りに行った中国では10~20億円がアベレージでした。まあ、人口12億の国ですから不思議じゃないかもしれませんが、日本の半分くらいの人口の韓国でも15億円前後はざらで、『パラサイト 半地下の家族』のような家族ドラマでも13.5億円とのこと。
最近、海外に比べて日本の賃金が低いことが話題になっていますけど、製作費20億円の映画が「大作」になってしまう国では、残念ながら賃金はなかなか上がらないだろうなあ、とガッカリしてしまいます。
黒澤、溝口、小津などが活躍していた50~60年代の日本映画は、頻繁に米国アカデミー賞にノミネートされていたし、中国映画や韓国映画よりも世界的に高く評価されていて、予算も今より掛かっていたはずです。
それを考えると、現在の日本映画界は寂しいし、悔しいと思ってしまいます。日本映画界にもっと頑張ってもらいたい。
是枝裕和監督にフランス映画や韓国映画を撮らせてしまうのではなくて、製作費50~60億円の日本映画を撮ってもらうように日本映画界は動けないのかしら、と思ってしまいます。
まあ、こんなことばかり書いていると、2度と日本映画を撮れなくなりそうなので止めますね……。
で、ちなみに記しますと、私の中国映画は残念ながら低予算でして中国映画アベレージの1/3から1/4の製作費でした()

新しいステージに踏み出したくて、『ほん怖』は若手に任せることに。賭けに出ないと新しいことは出来ない。

ありがたいことに、今、忙しいです。
ここに書けない仕事もありつつ、来月はこんな感じです。
●7月13日(水)、小説『恐怖コレクター巻ノ十九顔の見えない少女』(角川つばさ文庫)発売
●7月15日(金)、監督・脚本作『戦慄のリンク』、新宿シネマカリテ上映。
●7月16日(土)~24日(日)、国内コンペ審査員を務める「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」開催。
かつて「夏の風物詩」と呼ばれたフジテレビ『ほん怖』を毎年手がけていた時は、それを優先せざるを得なかったので夏の仕事は全て断ってました。
でも、新たなステージに踏み出したくて、『ほん怖』はちょっとだけ関わりを残しつつ現場の仕事は若手に譲った次第。
『ほん怖』は自分がゼロから立ち上げた企画で、しかもフジテレビのレギュラーは大きな仕事だから、それを手放すというのは勇気のいることなので、周囲からは反対されたけど、賭けに出ないと新しい事って出来ないですからね。
その結果、小説書いたり、中国映画撮ったり、立派な映画祭の審査員に呼んでもらえたりで、ありがたいです。
来年以降の夏も忙しくなるように頑張らないと!
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022
 
 
SKIPCITY-DCF.JP
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022

2022年6月15日は『恐怖コレクター』発売7周年!

『恐怖コレクター 巻ノ一 顔のない子供』が発売されたのは2015年6月15日。
3日遅れになりましたが、7周年です。
そして、来月13日には『巻ノ十九』が発売!
皆さんからこんなに永く愛されるとは千野フシギやジミー他のメンバーも思っていなかったと思います。
これからもよろしくお願いします!
恐怖コレクター | 本 | 角川つばさ文庫 (tsubasabunko.jp)
画像

『トップガン マーヴェリック』で、ULTIRA+VIVE AUDIOを初体験。

数日前に『トップガン』を観た大学生の娘を連れて、再び『トップガン マーヴェリック』へ。
座間でULTIRA+VIVE AUDIOを初体験。追加料金無しで、この絵と音が楽しめるのが素晴らしい。
が、隣で観ていた娘が中盤から嗚咽を始めてクライマックスでボロ泣きしているのが分かり、こちらももらい泣きで絵や音どころではなくなった。
鑑賞後の娘曰く「過去のトラウマと戦うとか、昔からの友情って話に弱いのよ。やっぱり映画って良いね」との事。ホラー映画監督の娘だけど、ホラーは嫌いだし、映画もそんなに好きじゃないので、「トム・クルーズ、ありがとう!」と心の中でつぶやいてしまいました
でも、娘にそう言われてみると、『トップガン マーヴェリック』は脂ののっていた頃のジョン・ウー作品と同様で、アクションに登場人物のエモーションがしっかり乗ってくるのがグッとくる点だよな、とあらためて気づく。
なお、映画好きの親父はDolbyCINEMA、ULTIRAで観たので、次はIMAXで堪能予定
それにしても、座間イオンシネマは、劇場がイオンとは別棟に映画館単体で建てられているので、昔の大型映画館に行く気分が味わえて贅沢で良いです 
画像

画像

舞台『六番目の小夜子』DVD、稽古場のセットやその風景など貴重な特典、必見!

舞台『六番目の小夜子』のDVDを一通り視聴。
稽古中は緊張感があるが休憩時間では笑顔が絶えないし、公演中のアフタートークでは皆が楽しそうで良いチームでした。
実は稽古場に本番同様のセットを組んでいたので、複雑な芝居やギミックも成立させらたのが、特典を観ると分かります。
画像

画像