negoto

ワンカットなのに「無駄な間」が一切無い驚異の映画『1917』、凄い!

芝居が一区切り付くポイントで塹壕が途切れたり、絶妙のタイミングで泥水が溜まった砲弾痕が現れ雰囲気が一変したり、絶好の位置に馬や人間の死体が転がっていたり、見事なキッカケで物陰から人が出てきたり等など、全部、入念なリハーサルを繰り返してから造られたオープンセットだったんですね。

御年70歳過ぎの巨匠カメラマン、ロジャー・ディーキンズと、伝説のカメラマン、故コンラッド・ホールの撮影だった『アメリカン・ビューティー』から映画を撮り始めた演出家サム・メンデスだから出来た非常に高度な技ですね。

このメイキングの中でディーキンズが「やり始めてから気付いたんだが、カメラが360度回るから照明が組めないんだよ」と正直に答えているけど、ワンカットで撮ろうとすると照明を組めないので機材も人件費も削減できるメリットがある。だから、「ワンカットで撮りました!」を売りにする低予算映画も多数あるわけです。
作品名は記しませんよ……
でも、それはロケ場所に合わせて無理矢理芝居を作ったり、カメラを動かしたりするからやはり「無駄な間」が出来たりするわけです。

でも、この『1917』は、芝居に合わせて塹壕や廃墟の町のオープンセットを組んでいるから、そういう無駄が一瞬たりとも無い。

おそらく、鬼才カメラマン、エマニエル・ルベツキがものした『トゥモロー・ワールド』、『ゼロ・グラヴィティ』、『バードマン』などの長回し映画を相当に研究したんでしょうね。もちろん、日本の相米慎二監督作品なども研究してから取りかかったんでしょうね。

凄いなぁ。役者が無名だからキャスト費は掛かってないのでしょうけど、総製作費100億円くらいは掛かってるんでしょうね。
と感心していたら、300万円で作った『カメラを止めるな!』の前半37分ワンカットも無駄が無かったと思い出して、あらためて上田慎一郎監督おそるべし、と思うのでした

SharedScreenshot

『1917 命をかけた伝令』<異次元の没入感はこうして出来上がった!>11分超え豪華特別映像


「吸血鬼にかまれると同性愛者に」映画『バイバイ、ヴァンプ!』に批判広がる。朝日新聞

SNSで騒ぎになっていましたが、やはり新聞記事になりましたね。
未見なのでコメントは控えます。
シェアだけしておきます。
映画『バイバイ、ヴァンプ!』についての朝日新聞の記事↓

米国に帰化したカズ・ヒロさんのアカデミー賞受賞後の発言で思うこと。

「日本人は日本人ということにこだわりすぎて、個人のアイデンティティが確立してないと思うんですよ。だからなかなか進歩しない。そこから抜け出せない。一番大事なのは、個人としてどんな存在なのか、何をやっているのかということ」


カズ・ヒロさんのこの言葉は、ポン・ジュノ監督が受賞スピーチで引用したスコセッシ監督の「最も個人的なことが、最も創造的なのだ」に通じますね。


日本は組織が優遇されて、個人の能力は軽視されますからね。


生物の進化は「自然淘汰」と「突然変異」だと聞きます。

自然淘汰の進化は時間がかかるけど、優れた突然変異があれば短時間で進化するらしいです。


日本は「自然淘汰な社会」で、「優れた突然変異」をそこにはめ込もうとする傾向があるから、カズ・ヒロさんのおっしゃる「なかなか進歩しない。そこから抜け出せない」になってしまうのでしょうね。


つまり、日本にも優れた才能はいっぱい居るけど、それをプロデュースする能力が社会に無いのが問題なんでしょうね。


ただし、現在の映画興行に目を向けると、「発行部数数百万部の原作」という誰もが失敗率が低いと思える企画ではない、入江悠監督のオリジナル脚本『AI崩壊』と、清水崇監督、保坂大輔氏のオリジナル脚本『犬鳴村』がヒットしているので、文化全般は分かりませんが日本映画の発展に少しは期待できるのかも知れません。

https://nobiciro.com/person/12431/?fbclid=IwAR0oT_hnJEzow0WzknQR2spqT6F1fUPuQiHeySwEpeq73ZhD7ztdB4KYSSc

https://nobiciro.com/person/12431/?fbclid=IwAR0oT_hnJEzow0WzknQR2spqT6F1fUPuQiHeySwEpeq73ZhD7ztdB4KYSSc

 

ポン・ジュノ監督が発したスコセッシの「最も個人的なことが、最も創造的なのだ」について。

ポン・ジュノ監督が引用したスコセッシの言葉。

「最も個人的なことが、最も創造的なのだ」。

これはクリエイターにとっては真理だけど、プロデューサーや出資者には往々にして理解してもらえないのも、これまた真理なのが困ったところです。

「深作欣二は俺たちの言うことを全然聞かなかったけど、『仁義なき戦い』は大ヒットした。映画って多数決で作ったら成功しないんだよ」と東映の故・岡田茂会長がインタビューで答えていたのを思い出します。

そういえば、女子高生達が協力して自主製作アニメを作る物語のNHKアニメ『映像研には手を出すな!』の中で自分の考えたことに自信が持てなくなった女子高生監督、浅草みどりに、女子高生プロデューサー、金森さやかがこんな事を厳しい口調で言っていました。

「私は納期と予算さえ守ってくれれば何も口出しをすることはありません。ですが、浅草氏は自分が良いと思ったことを表現する選択肢しか残されていないのですよ。スタッフはそれが素晴らしいものになると期待をして協力をしていく。でも、もし浅草氏がクソ面白くないもの作ったときは責任は取ってもらいます。なぜなら、浅草氏が監督だからです」

金森さやかはプロデューサーの鑑だと思って涙が出ましたね。

とにかく、『パラサイト 半地下の家族』の受賞と、ポン・ジュノ監督の映画愛に溢れたスピーチは全ての映画人に勇気を与え、奮起を促したと思います。
あらためておめでとうございます!
https://www.cinemacafe.net/article/2020/02/10/65747.html

ジョン・カーペンター監督『ザ・フォッグ』40周年を迎えて思うこと。

『ザ・フォッグ』からもう40年なんですね。
 
今は無きニュー東宝シネマで『ハロウィン』を、テレビ東京で『要塞警察』を観て虜になったジョン・カーペンターの期待の新作『ザ・フォッグ』が当時の洋画ロードショーの一流館、有楽座で公開されたときには、「時代が変わる!」と興奮したものでした。
 
でも、期待したヒットになりませんでした。
 
その後の『ニューヨーク1997』以降もそれなりで、しかも一部の心ある映画ファンには高く評価されつつも、カーペンターはB級映画監督とみなされることになり本当に寂しくなりました。
 
huluで配信が始まった「VICEシネマガイド」の「ジョン・カーペンター」を見ると「俺はフランスでは映像作家、ドイツでは映画監督。そして、アメリカでは役立たずだ」とご自身が自分を評していて、なんとも切なくなります。
 
大作『遊星からの物体X』が酷評されてコケて、一方で同時期公開の『E.T.』は大ヒットですから、そう言いたくなるのもわかります。
 
私も黒沢清監督、中田秀夫監督、清水崇監督、高橋洋さんらが「鶴田監督のOVホラーに影響を受けました」と言ってくれて“Jホラーの父”という冠もいただいてますが、皆さんのようなエポックメイクなヒット作も無いし、有名な映画祭で賞を取った事もありませんからね。
 
でも、魑魅魍魎の映画界でジョン・カーペンターもなんだかんだで生き抜いてきたのですから、それを見習って私も頑張らないと!
と『ザ・フォッグ』製作40周年と知ってあらためて思います。
 
それにしても、カーペンターには新作を撮って欲しいな。