negoto

舞台『六番目の小夜子』裏話④

舞台『六番目の小夜子』裏話、其の四。
見逃し配信は本日(23日)、23:59で終了。
「映像ドラマと舞台は似て非なるもの」なのは重々承知していたのですが、ここまで違うのかというのが正直な印象でした。
一番驚いたのは稽古期間の長さと芝居の作り込みの深さ。
現在の商業ベースの多くの映画やテレビでは、こんな贅沢な撮り方は出来ないのが実情。
私の場合、映画だと数日の稽古時間を取ったりしますが、テレビドラマになると現場で1、2回リハーサルして直ぐに撮影になります。
ところが、舞台『六番目の小夜子』は、乃木坂46の鈴木絢音を筆頭にした若手人気演者と、ベテランの森下能幸らを集めて1ヶ月近くリハーサルをしたわけです。
昔、「なんで演劇って映画に比べてこんなにチケット代が高いの?」と思いましたけど、こんな贅沢な作り方をして、しかも演者の芝居を生で観られるわけですから高くて当然なわけです。
とにかく今は、この贅沢を経験してしまったので、「もう映像ドラマの現場に戻れないのではないか」という不安が押し寄せていて、それが一番の自分の悩みですね。
舞台『六番目の小夜子』、本日(23日)23:59まで見逃し配信中。
https://live.tv.rakuten.co.jp/content/402956/
6月発売、DVD予約受付中。
https://shop.toei-video.co.jp/
【FIX】六番目の小夜子メインビジュアル

舞台『六番目の小夜子』裏話③

舞台『六番目の小夜子』裏話、其の三。
見逃し配信は本日(23日)、23:59で終了します。
その前に今回初めて舞台に深く関わって感じたことを記しておきます。
テレビ朝日「イベ検」でも語ったことですけど、映像ドラマなら簡単にできる恐怖演出が舞台だと非常に難しかったので四苦八苦しました。
サヨコが舞台上に突然現れる仕掛けを思いついたので、演出の井上テテにそのアイディアを伝えたら「それってデビッド・カッパーフィールドみたいなものだから、怖いと言うよりも場内から笑いがもれるかも」と言われてしまい断念したなんてこともありました。
「マジックのイリュージョン」と「恐怖演出としてのイリュージョン」との境目ってなんだろうと悩みまくった時期もありました。
でも、演出の井上テテほか、美術の福田暢秀、舞台監督の白石定、照明の阿部将之、音響の筧良太らの優秀なスタッフの才能と技術で「マジック」にはならない「演劇的恐怖のイリュージョン」は構築できたと自負しております。
舞台『六番目の小夜子』、本日(23日)23:59まで見逃し配信中。
6月発売、DVD予約受付中。
公式サイト
舞台「六番目の小夜子」公式サイト
SAYOKO-IS-BACK.JP

舞台『六番目の小夜子』の裏話②。

舞台『六番目の小夜子』の裏話、其の二。
この舞台は小説が最初に刊行された1992年の設定です。
恩田陸さんの原作「あとがき」によれば、当初は酷評されたけど翻訳家、書評家の大森望さん、作家の綾辻行人さん、小野不由美さんらの賞賛で人気が出たとのこと。
実は同年には、私のビデオ映画『ほんとにあった怖い話 第二夜』が発売されて、自信作『霊のうごめく家』が収録されていました。評論家等には全く無視されましたが、黒沢清監督、脚本家、高橋洋さん、篠崎誠監督らはあちこちで賞賛してくれて私の出世作になりました。
ですから、私はどこか運命的なものを感じつつ『六番目の小夜子』の舞台化に取り組みました。観劇された方が、「小ネタ」と思った点は、私的には「験かつぎ」でした。万が一、酷評されたり、無視されてもいずれ必ず評価される作品にしたかったのです。
でも、舞台『六番目の小夜子』は、そんな心配は無用の高評価で幕を閉じることが出来たと思っています。
ちなみに、沢木容子(山内瑞葵)が持っていたVHSビデオは、写真の通りの今は手に入らない貴重な本物です。私の私物です。
舞台『六番目の小夜子』、1月23日(日)まで見逃し配信中。
6月発売、DVD予約受付中。

舞台『六番目の小夜子』の裏話①

舞台『六番目の小夜子』公演が終了したものの、なかなか余韻から抜けられません。ですので、ボチボチと裏話など……。
ご覧になった方は舞台の左右に逆さまのL字型オブジェがあったのに、お気づきになったでしょうか?
原作は決してホラーではないので、メインスタッフにしか語らなかった大事なコンセプトがありました。
私は当初より「心霊写真の舞台化」という目標を掲げていました。
それを美術の福田暢秀さんに伝えたところ、このオブジェを左右にデザインしてくれたのです。
昔の写真は白いフレームに囲まれていましたからね。
ただし、そのフレームの端が焼けたようになっているのが物語の場を構築する舞台美術家の技でしょう。
昔の写真に白いフーレムがあったと言われても、今の人たちはピンとこないでしょうから、自分が二十歳の頃に数寄屋橋公園で撮った写真を参考に載せます。
舞台『六番目の小夜子』、1月23日(日)まで見逃し配信中。
6月発売、DVD予約受付中。

舞台『六番目の小夜子』無事に千穐楽! 観客と関係者に深く感謝!

舞台『六番目の小夜子』、無事に千穐楽。
4回のカーテンコールとスタンディングオベーション。
しっかりと挨拶をして座長として立派にこの公演を締めくくった鈴木絢音。
「総監督」として初めて関わった舞台でしたが、正に感無量でした。
観客の皆様、そして本作を作り上げた関係者全員に深く感謝!

画像

画像