negoto

「伊藤潤二展 誘惑」。この興奮、感動、高揚感をひと言で語るのは難しい。 ホラーや漫画に限らず、創作活動やアートに少しでも興味がある人は行くべきだと思う。

内覧会にお誘い頂いたのにうかがえなかった「伊藤潤二展 誘惑」をGW最終日に訪問。
この興奮、感動、高揚感をひと言で語るのは難しい。
ホラーや漫画に限らず、創作活動やアートに少しでも興味がある人は行くべきだと思う。

写真撮影全てOK(動画はNG)なのも素晴らしい。
記念すべき『富江』1作目をはじめ『なめくじ少女』、『首吊り気球』などの原画を目の前で観る感激。
そして、先日刊行されたばかりの絵本『こっちをみてる。』の油絵原画の精密さに息を呑むばかり。
また、「伊藤潤二展 誘惑 Illustrations」は購入必至。
伊藤潤二アートの数々が綺麗に掲載されているだけでなく、巻末の「伊藤潤二×小島秀夫 特別対談」も併せてクリエイティビティを刺激する輝きに満ちており、個人的バイブル「ヒッチコック/トリュフォー」に匹敵する1冊になると思う。
「ギレルモ・デル・トロ監督のパーティの乾杯の発声が“イトウジュンジ!”なんですよ」という小島秀夫氏の話が興味深い。
3時間強見て回っていたので、多数の来館者の様子も拝見したのだけど、おそらく1/3は外国人に思えた。アジア人だけでなく欧米人もかなり多い。
以前から伊藤潤二作品は海外での評価が非常に高く、それが日本のこの展覧会でも感じられたのが嬉しいけど、日本人としてはちょっぴり寂しいような……。
でも、黒澤明監督『羅生門』など海外で評価されて自国の芸術の真価に気づくのが昔からの日本だったりするので、この展覧会を機に伊藤潤二さんの国内ブレイクは更に飛躍するでしょう。
世田谷文学館は9/1迄の開催。
実は残り4ヶ月弱しかないのでお早めに。
https://setabun.or.jp #伊藤潤二 #世田谷文学館

『恐怖コレクター 巻ノ二十三 操られた友』(角川つばさ文庫)今月9日発売を記念して鶴田法男が個人的に作った動画公開!

『恐怖コレクター 巻ノ二十三 操られた友』(角川つばさ文庫)今月9日発売を記念して、作者の鶴田法男が個人的に作った動画です。

 https://youtu.be/_14G8oUYm2Q?si=vsxiLni7VJEOurCw

 

世田谷文学館「伊藤潤二展 誘惑」は今月27日~9月1日。私が行けるのはGW明け。

世田谷文学館「伊藤潤二展 誘惑」は今月27日~9月1日まで。
その後は兵庫県・市立伊丹ミュージアムで開催予定ですね。
GWがちょっと忙しいので、私が行けるのはGW明けになるのが悔しい。
jhorrorpj.exhibit.jp/jiee

20240413_160940865_iOS 20240413_161014446_iOS

『ぼくらの七日間戦争』などの作家、宗田理さんのご訃報。

『ぼくらの七日間戦争』などの作家、宗田理さんが亡くなられたとのこと。
私がお世話になっている角川つばさ文庫では『ぼくらの七日間戦争』をはじめとした「ぼくら」シリーズは超人気シリーズ。
『恐怖コレクター』などでの打ち合わせでは、「90才を過ぎても新作を発表する宗田先生は凄すぎるし、励みになりますね」と度々話し合っていました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

「運も実力のうち」、まず運を引き寄せないと奇跡も起きません。

4月13日(土)、新文芸坐「ホラーマニアックス血みどろオールナイト2024」にお越しくださった皆様ありがとうございました。
映画ライターの山崎圭司さんが、当然ではあるのですが、それぞれの作品背景に大変に詳しくて壇上に立っている身なのに、観客の皆さん同様に目から鱗が落ちました。
誰もが知っている大ヒット作や、一流作品は幸運のオブラートに包まれているから、作品製作の過程もファンタジー化してしまうものです。それら作品のメイキングストーリーは、映画作りに「夢」を与えてくれるけど、現実的勉強にはあまりならなかったりします。
でも、今回上映されたB級とかそれ以下と言われる作品群は、映画製作の裏側が剥き出しになってくるので、色々と現実的な勉強になりますね。
『ナイトメア』はトム・サヴィーニのクレジットが出てるけど、トム・サヴィーニがどこまで関わったかよく分からない作品でもあったとのこと。
『ジュリア 幽霊と遊ぶ女』も、大ヒット作『ローズマリーの赤ちゃん』のミア・ファロー主演のホラーという事で大いに期待された作品だったのに、様々な事情があってその期待とはちょっと方向性が違った作品になってしまったようですね。
出資会社やメインで関わる人々の意向で、企画のコンセプトや目標が変質していくのが映画作りの難しいところ。
監督の経験としては、当初のコンセプトにこだわったり、自分の不器用さから頓挫してしまった作品もある。
作品が完成し公開されることが「幸運」だし、それが高い評価を得てヒットするのは「奇跡」です。
「運も実力のうち」と言われるので、とにかく精進するしかないですね。まず運を引き寄せないと奇跡も起きませんからね。
そんなことを思った夜でした。