negoto

BD『ビッグ・マグナム77 コレクターズ・エディション』見本をいただいた! 嬉しい!

なんと! スティングレイさんからBD『ビッグ・マグナム77 コレクターズ・エディション』の見本が届いてしまった! 心底嬉しい! ありがとうございますm(__)m
仕事が立て込んでいるので特典他の全編を見られるのはちょっと先になるのだけど、「日本語吹替テレビ放映版完全再現再生」がどうしても気になって見たら、ほんとに「完全再現再生」を目指していて、本編が始まる前に「今夜の見どころ」や「このあとすぐ!」のテロップが入ったダイジェストが再現されていてあまりの懐かしさに感涙 (>_<)
初テレビ放映は「水曜ロードショー」でしたから、この後に水野晴郎氏の解説が始まれば完璧なんですが、それは脳内記憶で補完しました
(文字だけでこの凄さを伝えるのが難しいので画面撮りを掲載。クレームが付いたら削除する可能性有り)
で、スティングレイの岩本克也代表の16頁のブックレットに記された本作の製作背景と、BD化までの艱難辛苦の熱い解説を読んでいたら、「アメリカ版予告編」の異質性について書かれていたので、早速拝見して、「なんだこれ!」と超絶ビックリ (゚ロ゚)
本作は1976年の作品だから、1980年のケン・ウィダーホーン監督(後に『バタリアン2』監督。ただし『ボディダブル』はプロデューサーだったブライアン・デ・パルマの都合で下ろされる)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ビッグ・モローの娘、最近はナタリー・ポートマン主演『アナイアレイション』に出演)の映画デビュー作にして傑作スリラー『他人の眼』はこの予告にインスパイアされて出来たんじゃないかと邪推したくなるような、驚くべき代物でした。
そして、16頁のブックレットに記されていた40年の歳月を経て知る数々の驚くべき事実 ( ・_・;)
カナダとイタリア合作映画なので、監督のマーティン・ハーバードとは、てっきりカナダの無名監督と思っていたら、実は……だったり。撮影のアントニー・フォードが変名で、実はあの……映画監督だったり。アクション監督が実は日本の大変に話題になったCMを手がけた人物だったり。B級映画であってもこれだけ長く愛されている理由がよく分かるというものでした。
久しぶりに本編中盤の7分半にわたるカーアクションをつい見てしまったのだけど、これってジョン・フランケンハイマー監督、ロバート・デ・ニーロ主演のお話そっちのけのド迫力カーアクション映画『ローニン』に影響を与えてるんじゃないかと思いましたね。
そして、もちろん、『黄金の七人』、『昨日、今日、明日』の他、エットレ・スコーラ監督の『特別な一日』、『パッション・ダモーレ』、『ラ・ファミリア』なども手がける作曲家アルマンド・トロヴァヨーリの名曲もBDの鮮明な画質に流れてくると見事に映画をもり立てていて素晴らしいです。
学生時代、このサントラ盤を手に入れた時は心底嬉しくて、メインタイトル曲「Louise」に合わせて銀座や晴海埠頭などでロケして、男女の別れと再会を描いたミュージッククリップ風の8ミリフィルムの短編を撮ったものでした。ああ、懐かしい(^^ゞ

『ビッグ・マグナム77 コレクターズ・エディション』
http://www.allcinema.net/dvd/

メインタイトル曲 ↓
Louise (Una magnum special per Tony Saitta) – Armando Trovajoli – 1976
https://youtu.be/4PhLPnDdtrI
IMG_4032

大傑作『バッド・ジーニアス』、ナタウット監督とリンちゃんに会えました!

『バッド・ジーニアス/危険な天才たち』の日本公開ヒットを祝って来日したナタウット・プーンピリアン監督とチェティモン・ジョンジャルーンスックジン(役名リン)ちゃんに会えました。公開当初より「大傑作!」と私が騒いでいたので、配給のマクザム&ザジフィルムズさんが特別に配慮をしてくださってのことです。両社に心より感謝を申し上げます。

お会いすることが決まる前から11月4日(日)のチネチッタ川崎の舞台挨拶上映会のチケットは購入していたので、こちらもしっかり堪能させていただきました。

細かく書くとネタバレになってしまうので、舞台挨拶の模様については各媒体の記事を読んでください。

監督とリンちゃんとお会いしてお話が出来たのは短い時間でしたが、「撮影に入る前の準備期間は20日間しかなかった。通常はその倍の期間を準備にあてる」という話と、明確なところは教えてもらえなかったけど撮影日数もそんなに長くなかったようで、『カメラを止めるな!』ほどではないけど、これも低予算で作っていたのかしらと思いました。

それと実は、私は何回目かの鑑賞時に時間配分を気にしながら見ていたら、本作の一番の主題になる世界統一試験STICに挑戦する話になるのが映画が始まって50分なんです。
本作は130分の映画ですから、ざっくり言うと80分間は世界統一試験STICでいかにカンニングをするかの話に絞られている。
そこに至るまでも様々なカンニングシーンで「カンニング映画ですよ」という事前情報を知った上で見に来た観客を裏切らない作りになっているのに感心するのだけど、そのクライマックスにあたる「世界的カンニング」のエピソードは80分ある。
よくもまあ、80分を作ったよなぁ、と思ったので「不安はなかったのか?」と尋ねたら「いや、その時間配分は考えていなかった。実は最初に繋いだときは160分あったんだ」という返答でしたね。なるほど、それを的確に編集で刈り込んだから、このテンポになっているんだな、と個人的に納得でした。
それと、建物の外観とかの説明カットがほとんど無いのも関心なのです。
例えば、リンちゃんたちが海外に行く展開になるわけですが、旅客機の離陸や着陸の絵は全くなくて、リンちゃんのアップに旅客機の音が入ってきて、次のカットでは海外を歩いているリンちゃんがフレームインしてくるという繋ぎ。状況説明の絵は排除してる。状況は効果音だけで観客に伝えてしまう手際の良さなのです。
160分から130分にしたわけですから30分も短くする作業の中で説明カットを削除せざるを得なかったのかもしれないけど、それがものすごいテンポの良さを作って、贅肉のないカッコいい作品にしたのかもしれません。
とにかく惚れ惚れとする映画です。
その他、監督に音の演出についてや、役者の芝居の引き出し方とか色々と訊いてみたかったのだけど、マクザムさんとザジフィルムズさんのご配慮で無理に作っていただいたお時間だったので、短い時間でもこんな話が出来ただけで至福の時でした。
ナタウット監督は私の『リング0』、『予言』を見てくれていて、パンフレットに私の名前を記入してサインをくださったのが嬉しいです。もちろん、リンちゃんにもサインをいただきました。
土曜日は劇中同様のミニスカートで長い脚を惜しげも無く披露してくれていたリンちゃんですが、本日はパンツルックでしたね。これも素敵でした。
IMG_3859 IMG_3878 IMG_3855 IMG_3854 IMG_3877

「映画芸術」2018年秋号「私の映画史 ホラー映画 日本映画編」に寄稿しています。

現在発売中「映画芸術」の「私の映画史 ホラー映画 日本映画編」に寄稿しています。長年悩まされてきた「??理論」についても少し言及しました。
#映画芸術 #Jホラー #ほん怖 #霊のうごめく家
IMG_3827 IMG_3828 IMG_3830

Happy Halloween! 『恐怖コレクター』シリーズ、累計30万部を突破!

Happy Halloween! ハロウィン目前!
『恐怖コレクター』シリーズ、累計30万部を突破しました!
皆さんに感謝!
あなたが知らないうちに、あなたの町の呪いのマークを千野フシギが回収して歩いています。
巻ノ十、年末発売予定!
https://tsubasabunko.jp/product/kyofucollector/

中国で人気の日本人は…?

中国映画撮影中に「中国で人気のある日本人は誰?」と女性スタッフに尋ねたら「高倉健」が即答。「現役で活躍してる人なら?」と尋ねたら「福原愛」も即答でしたね。このニュースの通りで中国語が流ちょうなんだけど東北訛りで可愛いと言ってましたね。
女優の中野良子さんは『君よ憤怒の河を渡れ』のヒロインを演じた上に、中国語が大変に堪能なので別格の存在とのこと。
ちなみに、男性陣に同じ質問をすると「高倉健」は同じだけど、現役で活躍する日本人は「蒼井先生」と笑いながら即答してきます(^^)
スケッチ