NEWS

6月4日(土)『第6回 岩槻映画祭2022』にて、鶴田法男登壇&ビデオ『ほん怖』内『霊のうごめく家』上映!

内田英治監督、上田慎一郎監督らの才能を発掘してきた短編映画専門の映画祭『第6回 岩槻映画祭』(6月4日、5日)にゲストとしてお招き頂きました。
私の登壇は4日(土)13:30~になります。
私の現在があるのは1991~92年にかけて発売した短編オムニバス・ビデオ映画『ほんとにあった怖い話』(略称:ほん怖)シリーズが高い評価を得たのがきっかけでしたから意義があると思いました。
後に『リング』、『回路』、『呪怨』などを発表した黒沢清監督、中田秀夫監督、清水崇監督、そして脚本家&監督の高橋洋氏らが、『ほん怖』に「影響を受けた」と公言してくださったことで、私は「Jホラーの父」、ビデオ映画『ほん怖』は「Jホラーの原点」などと呼ばれています。
ちなみに、1988年発売の石井てるよし監督『邪願霊』を「Jホラーの起源」と私は呼んでいます。
今回の『第6回 岩槻映画祭』では、その『ほん怖』の中でも最も評価の高い『霊のうごめく家』(約17分)を上映します。
低予算短編ビデオ映画が、いかに作られ、どうやって評価され、私の人生を揺り動かす事になったかなどを語りたいと思っております。
映画祭のスケジュールなどは、下記映画祭サイトをチェックしてください。
第6回岩槻映画祭(2022年6月4日~5日)開催告知動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6回岩槻映画祭(2022年6月4日~5日)開催告知動画

今夜(22年5月13日)、日本テレビ系『ローマの休日』放映!

私の小説『恐怖コレクター』、『怪狩り』等の読者の皆さんも、もし可能だったら今夜の『#ローマの休日』を見て欲しいなぁ、と思ってます。 とてもとてもステキな映画です。 でも、夜9時以降は寝ないといけない人は、保護者の皆さんに相談してください。

https://kinro.ntv.co.jp/lineup/20220513

#金曜ロードショー

『戦慄のリンク』、「カリコレ2022」オープニング上映が数々の媒体で紹介!

映画祭「カリコレ2022」開催決定 鶴田法男監督の中国ホラー『戦慄のリンク』などがラインナップ https://horror2.jp/52610
『カリコレ®』7月15日から新宿シネマカリテで開催 https://cinra.net/happening/2022-04-28#happening1766

“Jホラーの父”鶴田法男監督『戦慄のリンク』がオープニング「カリコレ2022」開催 https://cinemacafe.net/article/2022/04/28/78555.html

「カリコレ2022」開催決定 鶴田法男による中国ホラーやニコラス・ケイジ主演『PIG』上映 #カリコレ #鶴田法男 #ニコラス・ケイジ #ヴィンセント・ギャロ

realsound.jp

【拡散希望】 私の中国映画が「カリコレ2022」のオープニング上映決定! 日本題名は『戦慄のリンク』!

【拡散希望】
私の中国映画が「カリコレ2022」のオープニング上映決定!
日本題名は『戦慄のリンク』!
7月15日(金)上映!
この上映が盛り上がれば本公開決定します!
なお、『戦慄のリンク』の「提供:三鷹オスカー」にご注目!
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2022/ 
カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022
シネマカリテ・熱血・沸騰・映画フェス第8弾! 真夏の祭典!映画を極める4週間!珠玉のシネマたち。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022オフィシャルサイトです。

なんと! 映画『ローマの休日』を5月13日(金)日本テレビ系「金曜ロードショー」で放映!

5月13日(金)日本テレビ系放映、映画『ローマの休日』は夜9時からなので寝ないといけない子もいるでしょうけど、私の児童書の読者の皆さんでも楽しめる良い映画なので、お父さん、お母さんに録画してもらうとかしてでも観てもらいたいなぁ、と映画監督でもある自分としては願ってしまいます